MIDI 講座  audioとの比較です
  講座というより、簡単な解説です。  未完です(少しずつ、充実させます)

1)midiは、ミディと読みます。
(usicalnstruments igitalnterface)
   

   
MIDIとは音楽の演奏情報を伝達するために、日本のメーカーが中心となって作られた世界共通の
   規格です。ビデオテープのVHSのように、メーカーや機種に関わらず使うことの出来る統一規格です。
   電子楽器とコンピュータを結ぶMIDIは、現代の音楽制作に大いに貢献しています。

   演奏情報とは、音の高さ、大きさ、長さと音色や効果をデジタルに数値化したものです。
   MIDI規格の電子楽器(シンセサイザー等)を演奏すると、そのMIDI端子からは常に演奏情報が
   出力され、これを録音(記録)する事がMIDIの音楽制作です。テープ録音とは異なり内容は数値化
   されたデータですから、変更箇所は編集が可能です。そして同様のデータはマウスやテンキーから
   の入力も出来る事から、制作作業もスタジオから机の上にと移動し、これがデスクトップミュージック
   と言われるゆえんです。実際に演奏されたデータもマウス入力されたデータもMIDIにとっては同じ
   数値です。

2)Audio オーディオ
   音楽CD、mp3、WAVはAudioです。人の声、音楽、効果音等、音を記録しています。
   CD・テープ・MD・LPレコードに記録された、音の生データーです。
   鳴らすには、それぞれの電気機器が必要です


3)midiは音源モジュール(シンセサイザー)を鳴らす、データー(プロトコール)です。
   
データーはシーケンスソフトで作成し、データーを音源モジュールに送り、あらかじめ
   設定されていた楽器の音を出します。例えば、楽器No1はピアノ、No73はフルートです

      

   音源モジュールは、いわゆるシンセサイザーですが、以前は専用のハードでしたが、最近は
   PCの性能が格段に向上したので、ソフトシンセがWindowsに搭載されるようになり、その
   性能も進歩しています。Windows搭載のソフトシンセでは、音楽を聞くには物足りません。
   
数万円のソフトシンセは、ひょっとすると、ハードシンセを超えるかもしれません。
   2003年6月、Rolandのソフト音源(オーケストラル)を購入しました。かなり、いいです。

   但し、PCはハイエンドが求められますし、オーディオハードもマザーボード付属ではなく、
   性能のいいものが必要です。
   カラオケ、ケイタイ電話の着信メロディーはmidiです。

   

4)ファイルの大きさ
   
音楽CD1枚は、650MBで、約1時間です。これは、1分間演奏するのに10MB必要です。
   WAVも音楽CDとおなじです。これでは、ファイルが大きすぎて、通信時間がかかりますし、
   保管するメディアも大きなものが必要です。もちろんフロッピーの1.4MBは小さすぎます。

   音質を落とさずに考えられた圧縮技術があります。mp3、wma 等です。
   これは、
     a)人が聞こえない低音域と高音域をカットしデーターを減らす
     b)1秒間あたりの音のデーター数を減らす
   ことにより、音質があまり落ちない程度にデータを減らして実現しています。
   一般的なビットレートは、128kbpsならば、mp3はwaveの 1/10に圧縮します。
   CD−ROM1枚で10時間の記録が出来ます。  

オーディオ kbps 1分間の
バイト数
CD1枚の
記録時間
音質
音楽CD 1411 10MB  65分間
wave 1411 10MB  65分間
mp3・wma 128
 64
 1MB
  0.5MB
7時
14時間

   しかしながら、ほとんどのプロバイダーは、10MBまではホームページで無料ですが、
   mp3(128kbps)では、わずか10分間しかありません。個人のHPにmp3を入れて作成
   することは、現実的ではありませんので、私は断念しました。
   ところが、最近、
無料のHPサーバーがあることを知り、利用しています。当然ですが、
   CMが画面に現れて、ジャマなのですが、
容量無制限で、今既に 400MBを越えています。

5)midi
   
それに対して、midiはファイルサイズが非常に小さくてすみます
   トラック数(同時発音の楽器の数)、音量の変化、速度変化、・・等で、サイズが変わりますが
   例えば、ベートーベンの運命の第1楽章は、12の楽器、7分36秒で、わずか129KBです。
        waveなら76MB必要なので、midiは 2/1000です。

6)参考
 
 
mp3: 【MPEG-1 Audio Layer3 といいます。
 wma: Windows Media Player のオーディオファイル
 ビットレート  bps
    1秒あたりの情報量を表す数字で、単位はbps(ビーピーエス/bit per second)です。
    映画の1秒間のフィルムのコマ数が多いほど動きがスムーズになるのと同じ原理で、bpsが大きい程
    音質はよくなります。
    例えば、MP3における一般的なビットレートである128kbpsは、1秒間に128000bitの情報を
    持っているという事を表しています。
    

 実際の音声データのサイズ