交響曲第9番 4楽章
    
( An Die Freude ) 歓喜の歌
            作曲:Beethoven  
            作詞:
Schiller 
      
       
              

第9は、ぜひmidでやりたい曲だったので、頑張って取り組みました。
結局、3年間もかかりました。忙しい仕事の中、休みの日と、夜ふかしをして。
始めた当時は、
MS-DOSの時代で、ミュージロウというRolandのソフトでし
たが、トラックは、8トラックしかなく、楽器の振り当ても大変でした。
今なら、こんな苦労はないのですが。同時発音数も少なく、CM64という音源
モジュールでした。
今は、
RolandSONARというソフトとSC8850という音源モジュールです。

2003年12月7日、大阪城ホールでの、
1万人の第九に参加しました。
佐渡裕さんの指揮、関西音楽大学協会の協力のもと、ユースオーケストラ
の演奏です。 私にとっては、35年振りの第九だった。

2003/12/23(火)ひる3時55分放送決定!!(毎日放送)


       リンク:さださんの音楽のページ
■ 21stサントリー1万人の第九
日 時 : 2003年12月7日(日)午後3時開演
会 場 : 大阪城ホール
主 催 : 毎日放送
■ 出演者
総監督・指揮 : 佐渡 裕
ゲ ス ト : 森山 直太朗
司 会 者 : 小倉 智昭
管 弦 楽 : 1万人の第九ユースオーケストラ




ソリスト : 浜田 理恵 (ソプラノ)
坂本 朱 (メゾ・ソプラノ)
吉田 浩之 (テノール)
福島 明也 (バリトン)
■ コンサート構成・演奏曲目
【第1部】 「タンホイザー」序曲(ワーグナー)
「さくら(合唱)」ほか(森山直太朗)
【第2部】 「交響曲第九番<合唱付>」(ベートーヴェン)
「蛍の光」




    

    


   経験者ということで、6回の練習、全部出席しました(2回欠席で出演できない)
   
有元先生 関西歌劇団 面白い先生だった。実力者。
     私の扇子には「忘れかけたら、初心にかえる。」と蛙の絵が描いてあります。
     美しくハモった時の、あのゾクゾクっとする一瞬の感激。21回目、初心に
     かえって、第九を練習しましょう。きっと疲れも吹っ飛びますよ!

佐渡裕さんの特別レッスン 12月1日
前日のリハーサル      12月6日
ステージ             12月7日

1万人の第九に参加した感想

1)何回も参加した人が多く、思ったよりもレベルは高かった。
  1万人だから、いい加減な演奏だと、思っていた。
  ところが、なんと、楽譜なしでステージ。楽譜なしと知ったのは、ステージの
  1週間前だった。急遽、練習をして90%は歌えた。
2)1万人なので、時間差が出る。ソプラノとアルトの最も遠い人は、200mくらい
  離れている。私は、テノールの中央付近にいたので、他のパートはほとんど聞こえない。
  逆に、他のパートを聞いて歌ったのでは、時間差が出る。
  佐渡さんの指揮は、歌いやすかった。暗譜で指揮者を見て歌わないと時間差が出るので
  楽譜なしは当然。
3)オーケストラは120人で、学生の選抜だが、ウィーンフィルの5人(バイオリン、チェロ、
  トランペット、クラリネット、ティンパニー)が入り、数人のプロがいた。
  オーケストラは素晴らしい出来だった。何といっても、非常に響きが柔らかい。第九の前
  に、タンホイザー序曲を聴いたが、素晴らしかった。
4)昔、頑張りすぎて、声が出なくなったことがあったので、今回は、かなり冷静に響きを意識
  して、歌った。佐渡さんの指揮が、情熱的なのでかなり、テンションは上がっていたが。
5)来年も、参加しよう。
6)トピックス
   山本太郎がテナーで参加。彼の指揮で六甲おろしを歌った。
   森山直太郎が、さくらを歌った。合唱団も一応ハモった。



   リンク:さださんの音楽のページ